• ブロトピ

最近、読んだ本

2017/04/08 13:14
マダム3
最近、読んだ本の紹介です。
ジャンルは何でもOKです。

サークルに参加すると投稿することができます

サークルに参加する
  • 『えどさがし 』 畠中 恵  (著) ¥594 新潮文庫 時は流れて江戸から明治へ。夜の銀座で、とんびを羽織った男が 人捜しをしていた。男の名は、仁吉。今は京橋と名乗っている。 そして捜しているのは、若だんな!?  手がかりを求めて訪ねた… イラストブックレビュー … 2017/06/28 06:00
  • 『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護:  お義母さん!トイレはこっちです 』 バニラファッジ  (著) ¥1028 主婦と生活社 著者のバニラファッジさんは、要介護4で認知症の姑と、 要介護5で体が不自由なその妹の2人を自宅にて介護中。 しか… イラストブックレビュー … 2017/06/27 06:00
  • 6月23日発売『ベルセルク』39巻の簡単な感想です。   目次 簡単な流れ 感想 なにか絵に違和感が・・・? 最後に・・・   簡単な流れ 妖精島に辿りづいたガッツ一行は魔術師達に手荒い歓迎を受けてしまうも何とか撃退していく ベルセルク … マンガ・アニメのない人生… 2017/06/26 22:15
  • 『人とモメない心理学』 加藤 諦三  (著) ¥1512 青春出版社 なぜか周りでトラブルが続く人と続かない人、よく厄介なことに 巻き込まれやすい人とそうでない人の意外な違いとは? 昨今のストレス時代に急増中の「隠れトラブルメーカー」の … イラストブックレビュー … 2017/06/26 06:00
  • 6月22日発売『賭ケグルイ』7巻の簡単な流れと感想です。   目次 簡単な流れ 感想 今巻の顔芸 最後に・・・   簡単な流れ 前回のギャンブルで30億円を得た夢子は相変わらずギャンブル狂 またもう一つギャンブルで得た 豆生田楓の「人生」… マンガ・アニメのない人生… 2017/06/25 14:24
  • 『ある日、爆弾がおちてきて 【新装版】』 古橋 秀之 (著) ¥680 メディアワークス文庫 「私、爆弾なんです」ある日、空から降ってきたのは、 高校時代に気になっていたクラスの女の子とそっくりな 自称“新型爆弾”で…。 表題作をはじめ、… イラストブックレビュー … 2017/06/24 06:00
  • 心の闇、というものは中々消えるものではない。それを心因として「トラウマ」が生まれることもあるようだ。それはしばしば私たちに悪夢を見せる。そんな暗い雰囲気の小説を得意とする作家に道尾秀介氏がいる。今回は今年の一月新潮社から文庫化された「貘の檻… この本読んどく? 2017/06/23 23:09
  • 『虹の岬の喫茶店』 森沢 明夫  (著) ¥700 幻冬舎文庫 小さな岬の先端にある喫茶店。そこには美味しいコーヒーと、 お客さんの人生に寄り添う音楽を選曲してくれるおばあさん がいた。 彼女は一人で店を切り盛りしながら、時折海を眺め何か… イラストブックレビュー … 2017/06/22 06:00
  • 『おかしな猫がご案内 ニャンと室町時代に行ってみた』 もぐら (著) ¥1242 ベストセラーズ  おかしな猫に連れられて、気がつけばそこは室町時代。 戦国の世といったイメージが強いこの時代ですが、 年中行事、御伽話、和室、和食、能、お茶… イラストブックレビュー … 2017/06/21 06:00
  • 国会が閉会した。マスコミの報道を含めここまで腐っていたのはなかなかお目にかかれない。ニュースを通じて我々に伝えられる報道と言えば「加計学園」や「森友学園」の報道ばかりだ。しかもそこに汚職が絡んでいるのならまだしも、あたかも違法性があったかの… この本読んどく? 2017/06/20 22:27
  • 『あなたは、誰かの大切な人』 原田 マハ (著) ¥626 講談社文庫 勤務先の美術館に宅配便が届く。差出人はひと月前、 孤独のうちに他界した父。 つまらない人間と妻には疎まれても、娘の進路を密かに 理解していた父の最後のメッセージとは…… イラストブックレビュー … 2017/06/20 06:00
  • 図解 うまくなる技術 行動科学を使った自己成長の教科書 石田淳 読了自分の中でなるほどと思ったことを備忘録として残す。今後に活かせることが盛り沢山だったので、ぜひ読んでもらいたい。うまくなる人は最初から無理だと決めつけない。どうすればうまく… 気の向くままに 2017/06/19 22:42
  • 暑い日が続いたと思ったら、今度は梅雨寒が続き・・・ 子どもたちは体調を崩しているようです。 週末で回復できるといいのですが。 そして来週からプールが始まるとか!早い!! 夏休みまでに何回入れるかな。   みなさんはどんな1週間を過ごされま… イラストブックレビュー … 2017/06/18 06:00
  • 『深夜食堂 18』 安倍 夜郎 (著) ¥823  小学館  読んだ後、美味いものが食べたくなるよ。 今夜も、決して順風満帆とは言えない人生を背負った人々が その食堂を訪れる-- さらに磨きがかかったエピソードの数々は 時に愉快に、時にホ… イラストブックレビュー … 2017/06/17 06:00
  • 本日も晴れて日差しが強い。空梅雨・・・でしょうか(汗)水不足にならない程度に降ってほしいわ^^;簡単料理ランキング*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*冬大根の… お気楽ごはん日記ぷらす 2017/06/16 15:19
  • 御嬢様学校というものは今も昔も羨望の的なのだろうか?実際の御嬢様学校の実態などはまったく私はわからないが、少なくともこの「暗黒女子」の世界においては生半可な覚悟では生き残れない苛酷な世界のようである。今日は現在映画公開中でもある「暗黒女子」… この本読んどく? 2017/06/05 21:58
  • ビッグデータ・ベースボール 20年連続負け越し球団ピッツバーグ・パイレーツを甦らせた数学の魔法 読了。20年連続負け越していたパイレーツが勝ち越せた要因がビッグデータの活用だったというのがIT業界の人間としては興味深かった。ピッチフレーミン… 気の向くままに 2017/06/04 12:36
  • (訂正版)今日も朝から大洗濯そして買い出しのちのんびり~*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*最近読んだ本50歳代ランキング出版は数年前ですケンタロウの日の出食… お気楽ごはん日記ぷらす 2017/06/03 11:45
  • 大阪万博から数十年経った今でも尚多くの人に愛されている「太陽の塔」そんな「太陽の塔」に魅せられた女性が、森見氏デビュー作の「太陽の塔」に登場する。今回はそんな「太陽の塔」に魅せられた女性とその女性を研究する男の物語を見てみようと思う。 目次… この本読んどく? 2017/06/02 22:20
  • 辞書を引くと「クリーピー」とは「身の毛がよだつような、気味の悪い」という意味だと教えてくれる。本書もそのタイトル通り、どうも気味の悪い内容となっている。サスペンスホラーよりの本書を今日は見てみようと思う。 目次 作者の前川裕ってどんな人? … この本読んどく? 2017/05/29 23:39

投稿する場合はログインしてください