• 掲示板

みんなでトーク

2016/11/23 14:58
mac20
気になることがあったら、こちらで。

☘一人で考えすぎないで、掲示板の話を見て、どこかにヒントを見つけられるかも・・・www
ヒントが見つかったら、是非、投稿もお忘れなくお願いします。

サークルに参加すると投稿することができます

サークルに参加する
  • 2016/11/24 06:33
    クリックで拡大
    何もないと、話も進まないと思いますし、管理人が『みんなねっと』に投稿した記事が採用されたものを紹介します。
    ☘2015年2月号(医者選び)
    ☘2016年4月号(解離性障害)
    上記のうち、今年4月号の原稿をファイル添付します。
    ※なお、添付ファイルで「かい離」、「乖離」とあるのは、すべて「解離」で読みかえてください。

    現在、本人は毎日元気に作業所へ通っています。
    通院は、月1~2回。診察と別に同病院でデイケア、SSTを受けています。
    転院は心療内科3医院、病院が1病院。
    今の主治医は本人が気に入って、同じ病院で代わっています。
    医者選びは恋人選びにも似て難しいですね。この話でも投稿をお待ちしています。

    【みんなねっと】
    書店には置いていませんので、次のURLからバックナンバーを求めるか、または、最寄りの保健所、障害者支援センターでお尋ねください。定期購読されているかもしれません。
    こちら→http://seishinhoken.jp/magazines
  • 2016/12/26 07:57
    『頑張る』と『やる』の違いって?
    出来ることはやろうという意識を持つ。親任せ、他人任せでなく、気がついたらやる!という意識を育もうよ。
     無理しなくていいんだよ。できるところから始めればいい。
    <お気に入り>関連記事→http://biscuittan.hatenablog.com/entry/2016/12/25/230044
  • 2017/01/24 08:22
    クリックで拡大
    おはようございます。
    ある朝のドライブレコーダーの一コマ。児童二人が押しボタン式の信号機を押して、横断歩道を渡り終わったところ。
    暗くて映像が不鮮明で恐縮だが、右手の車付近に男の子と女の子の児童二人が見える。
    このように、車両の通行が少ない朝方(7時前)でも、学校で教わる交通ルールを守っている。
    どうかすると、信号機が変わるまで待てなくて渡ったりしてませんか?!
    この児童に拍手👏
  • 2017/02/06 19:09
    『家族による家族学習会』~みんなねっとからのご案内~

    こちらをクリック
     ↓  ↓
    http://seishinhoken.jp/informations/view/748
  • 2017/02/10 06:06
    知的障害の息子が作業所に元気で通っています。
    初めは週3日から始め、今では皆勤賞をもらえるほどに勤めています。
    1年無事に過ごせ、知的障害者同士の作業所では人間関係で悩んでいましたが、診察とは別に、SSTを受けたり、作業所のスタッフの思いやりやアドバイスのおかげで無事1年過ぎました。
    所長さんはじめスタッフに感謝しています。
  • 2017/02/21 18:52
    チャレンジ!!スポーツラリー《2月26日》開催。参加費無料。3種目以上参加で参加賞があるよ。
    なわとび、ファミリーバドミントン、ディスコンなど。
    お問い合わせ先:静岡市スポーツ振興課☎<054>221-1038
  • 2017/03/13 14:50
    クリックで拡大
    3月3日(金)夏苅郁子先生の講演会「家族それぞれの自立をめざして~親あるうちに~」を聴講してきました。
    先生は、服薬も必要だけど、医者と、家族、当事者のコミュニケーションの大切さを訴えていました。

    当事者・家族へのアンケートから、次のような要望が医者に対して寄せられているそうです。
    〇医者の高圧的な態度や見下ろすような言動
    〇診断名を教えてもらえない
    〇減薬をしたいが、言いづらい、話を聞いてもらえそうにない
    などなど。

    先生は、現在、やきつべの径診療所(静岡県/焼津市)で診療にあたりながら、いわば同業者である医師に現状を理解してもらえるように全国を回っているそうです。

    私は。医師との対話だけでなく、家族のコミュニケーションも大事と思い、私の息子は、自分の考えを先生に伝えることが未熟なので、先生から聞かれたことで『わかった振り』をしないように、注意をしています。
  • 2017/03/16 06:27
  • 2017/03/17 08:41
    クリックで拡大
    【大人の発達障害の特性を活かして自分らしく生きる】星野仁彦監修。
    星野先生は、発達障害は脳機能の発達の偏りからくる「発達アンバランス症候群」であるので、本人の性格やしつけの問題ではないことを再確認しましょうと話されています。
    有名人でも、黒柳徹子さんはこの障害であることを公表しています。
    その人の個性を生かして日々楽しみたいですね(*^^)v
  • 2017/04/06 08:45
    クリックで拡大
    【ADHD自己診断】~大人の発達障害を的確にサポートする/星野仁彦著~
    (注1)確定診断のためには、専門家の診察をお受けください。
    例示として表を作成していますが、項目などは著書でご確認ください。
    (注2)チェック欄では、サンプル用にすべての項目について、チェック欄の選択肢は【あまりない」として回答しています。
    プルダウン(▼)で、他の選択肢を選択ができるようにしています。
    (注3)①項目の選択肢を集計し、算定点数に反映しています。
    ②算定点数の積算では、「チェック数×基準点=算定点数」という計算式で求められます。

    以下の画像でチェック項目及び著書をご確認ください。
  • 2017/04/21 09:49
  • 2017/04/21 18:08

掲示板へ投稿する場合はログインしてください