• プロフィール

emijin
エミジン

  • 性別男性
  • 年齢29歳
  • 誕生日5月11日
  • 住所神奈川県
  • 入会日2018年05月07日
  • ブロガー 38
  • 人生 26
  • スピリチュアル 19
  • 悩み 10
私は高校を卒業して専門学校に入りそこから就職をしました。その職場では色々な経験をすることが出来ました。

人間関係や仕事の大変さということはもちろんですが、何よりも一番学んだことというのは、

「自分のやりたい事はやった方がいい」

という事です。

自分の中ではそんなに嫌な仕事ではなかったのですがそれでも何故か自分の心の中のモヤモヤが取れることはありませんでした。

その気持ちに初めは気付けずに何でこんな気持ちが続いてしまうのだろうと思っていました。

そしてどんどんその気持ちが強くなっていきいまの仕事をやることが辛くなっていってしまったのです。

仕事は休みがちになり最終的には長期間休むこともありました。

それである日思ったのです。

「この仕事は私のやりたいことじゃないんだ」ということに。


それでもその気持ちを押し殺して一生懸命仕事に向き合い、どんどん成績を上げていきました。

その時期はかなり無理をしました。

睡眠もあまり取らずにずっと仕事漬けの毎日でした。

嫌な仕事だという気持ちは分かっているのに頑張らないとダメなんだという自分自身に強迫観念を持ち、ひたすら周りをみないでそんなやりたくないという気持ちを無視して仕事に打ち込みました。

その分仕事も順調で給料もどんどん上がっていきましたが、それでも自分自身では何も嬉しいという気持ちが湧きませんでした。



そしてある日事件が起こりました。



それは仕事のやりすぎの過労で内臓を壊してしまいました。



それからしばらく仕事をお休みして入院することになりました。

「自分は何をやっているのだろうか」

そんな気持ちばかりが募りました。

そして完全にスイッチの切れた私は、その後仕事に復帰はしたもののやる気は全く湧きませんでした。

しかし仕事が嫌だという気持ちは変わらずに持っているため、どんどん仕事が嫌になってきました。



だから仕事をしながらもずっと、次の仕事を何にするのかということばかりを考えながら仕事をとりあえずこなす毎日でした。



そしてやっと出会ったのが「ブログ」でした。



もともと文章を書くことは嫌いじゃなかったのですがそれを仕事にしたいという気持ちは全くありませんでした。



しかし他にも副業をしてみたりいろんな仕事を考えてみたけれど、他にやりたい仕事は見つからず行き詰まっていました。


それでもブログを仕事にしたいという気持ちが多少はあったもののそれで食べていくことは難しいという気持ちもあり、ブログは趣味だという気持ちもありました。



そしてそんな期間が2年くらい続いた時に気づいたのです。



自分のやりたいことって文章を書いて仕事をしていきたいんだ

ということに。



今考えればそんなことはもっと前から分かっていたはずなのに何故か自分の中で他のことを探していた自分がいました。



おかしなことだとは思っているけど、文章を書くことを仕事にすることは難しいし、文章で仕事をするのはなんか怖いという気持ちがありました。

それは多分文章を書いて仕事をしていってそれがうまくいかなかったら自分を完全否定されてしまうのではないかという恐さがあったのかもしれません。

今は全くそんな気持ちがないのであまり覚えていないのですが・・・



そしてブログを書きながら仕事をしていて、ついに仕事を辞めることになりました。



ブログだけで食べていくにはまだまだ大変なのですが、それでも仕事をやめなければ人生は何も変わらないと思いました。



だからまずは仕事を辞めて一生懸命ブログを書いたり文章を書いていこうと心に決めたのです。



そんな決意をして仕事は7年間務めてそれで退社しました。



今は仕事を辞めて全く悔いはありません。

それよりももっと頑張りたいという気持ちがどんどん強くなってきました。

今までは嫌なことをずっとしていたので、気持ちも全然前向きになることは出来なかったし頑張ろうというパワーも湧いてきませんでした。

しかしそんな苦痛な状況から抜け出した今ではエネルギーが湧いてこないという状況からは抜け出して頑張ろうという気持ちになることが出来ています。



それほど私は自分の嫌なことはやりたくないんだなという気持ちに改めて気付く事が出来ました。

それだけでも前の職場に就職して良かったなと思います。

これからは自分の心に嘘をついたり無理をして嫌なことをしたりするのは辞めて、自分の生きたいように生きていこうと思いました。



嫌なことを頑張るよりも好きなことを頑張ったほうが絶対にうまくいくと感じました。



だからこれからもブログを書き続けていきたいです。
  • 更新記事