• プロフィール

strikefreedam
フリーダム@元取り立て屋が教える!副業で2000万円以上貯蓄する方法!

  • 稼ぐ 30
  • メールマガジン 2
元取立屋が教える!

わたしは、ある債権回収会社で働いておりました。

その仕事内容というは、毎日お客様の自宅にいっては、ピンポーン
ピンポーンとベルを何度も何度も押し続けてきた。

もちろん、日中は留守が多いのでそんなときは置手紙を置いていく。

たまたま、自宅にいる人がいると、お金を返してくださいとしつこく
何度も何度もいい続けた。

何度もしつこく言っていると、たいていの人はお金を払ってくれる。
でも、どうしてもお金を払わない人もいる。

そんなときは、どうするかというと、俗にいう差し押さえを行っていた。

そんなことを、毎日毎日行っていたが、法律の規制が徐々に厳しくなり、
取り立て業務が難しくなってきた。

そして、仕事が徐々になくなっていったのであった。
そして、それはある日突然やってきたのだ。

会社としての建前上、早期退職となっていたが、実際は、
3ヶ月後にはリストラが決まっていた。

いままで会社のために15年間も働いてきたおれがリストラと思ったが、
どうすることもできなかった。

50代にして、貯金はほとんどなかったので、まずい、このまま職を失えば、
妻子を路頭に迷わせてしまうと思いもがくも、再就職はなかなか見つからなくて
途方にくれていた。

そして、再就職が決まらないまま無職を迎える羽目になっていった。

少ない退職金をもらうも、半年もすれば直ぐになくなってしまうようなビビたる
お金だった。

あるひ、コンビニの本棚に「ネットで稼ぐ方法」というタイトルの雑誌に目に入った。
そこで、なにを思ったのか?

いままでパソコンすらいじったことがなかったパソコン音痴の俺が、
ネットビジネスで生計を立てられないかと思い情報収集を行っていたのである。

そして、たくさんの情報商材を購入するはめになるが・・・。、

アフィリエイト?
メルマガ?

普段聞きなれない言葉ばかりを耳にする。

こんなんだもの、情報商材をいくらかっても、どれもうまくいくはずがない?
それでも、懲りずに高額塾などにも参加するが・・・

どれも詐欺まがいなものばかりで、まったく稼ぐことなんかできなかった。
気がつけば、残ったのは借金だけであった。

そしてついには、元取り立て屋が取り立てにあってしまうハメに!!!(笑)
ま・・・、まさか自分がこんな目に会うなんて思ってもいなかった。

悔しさのあまりに、なんとかお金を作れないかと思っって 最初に始めたのが、
自己アフィリだった。

自己アフィリで、稼げるものは、100円でも取りにいった、
その結果、自己アフィリだけで約100万円ほど稼ぐことができた。

次に始めたのが自宅にある不用品を片っ端から売っていき、 現金に換えていった。
その金額が、約50万円。

その稼いだお金で、中国貿易なんてはじめちゃって、これが大当たりで、
約300万円ほどの利益を得ることができた。

このときに、少しづつではあるがネットで稼ぐコツみたいなものが分かってきた
ような気がする。

それから、Youtubeで約30万円稼いだり、Google アドセンスなんかでも
30万円以上稼いできた。

現在でも、ほったらかしのサイトから月に3万~10万円の収益を稼いでいる
サイトも数個あります。

これらの稼いだお金を元手に、さらに毎月安定して入ってくる仕組みを構築して、
いまでは、サラリーマンのときの何倍もの給料を超えるまでになっていった。

これなら、本当に稼げる方法だと確信し、自分と同じように借金で苦しんでいる
人たちを救済できるかもと思った。

いままでにやっていたことが、ウソのように!?思えてきた。
こうなってくると、以前ではまったく稼げなかったアフィリエイトでも、
いまでは同じようにやっても稼げるようになっていった。

これからの人生は、会社なんかに束縛されない、自由な生き方をしていき、
いままで子供たちとのふれあいの時間が取れなった分、いっしょに時間を
過ごし、思い出をたくさん作っていきたいと思ってます。

これからの人生を会社に束縛されない、自由な生き方をしていき、子供たちとの
ふれあいの時間をいままであまり時間が取れなかったので、子供たちと一緒にいる
時間を大切にしていきたいと思っています。

後藤浩史が!!!
「コンサルを受けた人たち全員を幸せにしてあげたいと本気で考えています!」

そして、最終的には横のつながりをもっていき、みなで助け合いをして全員が
WIN-WIN-WINを目指して大きなコミュニティーを立ち上げ助けあい
をしていきたいと思っております。

■100万円稼ぐ4つの販売戦略方法を【無料】プレゼント

https://lin.ee/aFYG1hc
  • 更新記事