• ブロトピ

映画ブログの更新をブロトピしましょう!

2016/09/05 17:18
兎おっさん
映画ブログの更新情報をブロトピしていきましょう♪
ご協力宜しくお願い致します。

サークルに参加すると投稿することができます

サークルに参加する
  • 2022年の日本映画「窓辺にて」を観に行った。 フリーライターの市川茂巳(稲垣吾郎)は、編集者である妻・紗衣(中村ゆり) が担当している売れっ子作家と浮気していることに気づきつつも、何も感じ ない自分にショックを受けていた。ある日、文学賞の取材で出会った高校生 作家・久保留亜(玉城ティナ)の受賞作… 猫のひたい 2022/11/27 21:54
  • 『nutahachi』でございます。本作品は、見知らぬ弟を突然預けられ人生の選択を迫られた女性の葛藤を描いたドラマで、金鶏奨で助演女優賞、長春映画祭で金鹿賞最優秀女優賞、華鼎奨で最優秀助演女優賞の受賞をはじめ、作品、監督、脚本など多部門にノミネートされた作品になり... cinema club … 2022/11/27 11:30
  • 『nutahachi』でございます。週末には、多くの新作が公開されます。そのなかで『nutahachi』が気になっている作品を3本、紹介していきます。 cinema club … 2022/11/24 11:30
  • 2020年のアメリカ映画「ダーク・アンド・ウィケッド」。 父の病状が悪化したとの報せを受けたルイーズ(マリン・アイルランド)と マイケル(マイケル・アボット・Jr.)の姉弟は、生家であるテキサスの人 里離れた農場を久々に訪れる。そこには、母に見守られながらひっそりと 最期を迎えようとする父の姿があ… 猫のひたい 2022/11/23 23:13
  •   『シャンハイ・ナイト』はオーウェン・ウィルソンとジャッキー・チェンがコンビを組んだ映画の2作目。 『シャンハイ・ヌーン』の続編 です。   明るくテンポのいいコメディアクション映画で、個人的には『ヌーン』よりこちらのほうが好きです。 ストーリーの残虐性も『シャンハイ・ナイト』の方が減っています… オーウェン・ウィルソン … 2022/11/21 12:23
  • 『nutahachi』でございます。本作品の原作は動物学者ディーリア・オーエンズによる同名小説で、2019年&2020年の2年連続でアメリカで最も売れ、日本でも2021年に本屋大賞翻訳小説部門第1位に輝き、全世界での累計発行部数が1500万部を超えた作品を映画化したものになります... cinema club … 2022/11/20 11:30
  • 2020年のフランス・ベルギー合作映画「シンプルな情熱」。 パリの大学で文学を教えるエレーヌ(レティシア・ドッシュ)は、ある パーティーでロシア大使館に勤める年下の男性アレクサンドル(セル ゲイ・ポルーニン)と出会う。エレーヌは彼のミステリアスな魅力に 強く惹かれ、瞬く間に恋に落ちる。自宅やホテル… 猫のひたい 2022/11/19 22:07
  • 『nutahachi』でございます。明日から、多くの新作が公開されます。そのなかで『nutahachi』が気になっている作品を3本、紹介していきます。 cinema club … 2022/11/17 11:30
  • 『nutahachi』でございます。先週末の、全米興行成績順位が発表されました。 cinema club … 2022/11/16 11:30
  • 2016年のアメリカ映画「スイス・アーミー・マン」。 遭難して無人島に漂着した青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども 助けは来ず、絶望して命を断とうとした時、波打ち際に男の死体(ダニ エル・ラドクリフ)が打ち上げられているのを発見する。死体からは腐 敗ガスが出ており、浮力を持っているのに気づく… 猫のひたい 2022/11/15 21:54
  • 『nutahachi』でございます。本作品は、水上勉の料理エッセイ『土を喰う日々 わが精進十二カ月』を原案に描いた人間ドラマになります。長野の人里離れた山荘で1人で暮らす作家のツトム。山で採れた実やキノコ、畑で育てた野菜などを料理して、四季の移り変わりを実感しなが... cinema club … 2022/11/15 11:30
  • 『nutahachi』でございます。本作品は、本作品は、MCUの一作として世界的大ヒットを記録し、コミックヒーロー映画として史上初めてアカデミー作品賞を含む7部門にノミネート、3部門で受賞を果たした『ブラックパンサー』の続編 になります。国王ティ・チャラを失い、悲しみ... cinema club … 2022/11/13 12:00
  • 2020年の韓国映画「声もなく」。 口のきけない青年テイン(ユ・アイン)と片足を引きずる相棒チャンボク (ユ・ジェミョン)は、普段は鶏卵販売の仕事をしながら、犯罪組織から 死体処理などを請け負って生計を立てていた。ある日、テインたちは犯 罪組織のヨンソク(イム・ガンソン)に命じられ、身代金目的で誘… 猫のひたい 2022/11/11 21:49
  • 『nutahachi』でございます。明日から、多くの新作が公開されます。そのなかで『nutahachi』が気になっている作品を3本、紹介していきます。 cinema club … 2022/11/10 11:30
  • 『nutahachi』でございます。本作品は、2017年に韓国で公開された『犯罪都市』の続編で、韓国では観客動員1200万人を突破し、異例の大ヒットを記録した作品です。強引な捜査で世間の目を集めがちな型破り刑事マ・ソクトと頼りない班長チョン・イルマンは、韓国・衿川(クムチ... cinema club … 2022/11/08 11:30
  • 2005年のアメリカ映画「2001人の狂宴」。 春休みを利用し、南部に車で旅行に来た大学生3人は、途中で立ち寄った ガソリンスタンドで3人の男女と出会う。車での旅を続けていると、道の 途中に「迂回せよ」という標識を見つけ、一行はそれに従うが、とある場 所に迷い込む。そこは「プレザント・ヴァレー」と… 猫のひたい 2022/11/07 22:04
  • 『nutahachi』でございます。本作品は、今泉力哉監督のオリジナル脚本で撮りあげたラブストーリーで、先日の東京国際映画祭で観客賞を受賞した作品になります。フリーライターの市川茂巳は、編集者である妻・紗衣が担当している売れっ子小説家と浮気しているのを知っている。... cinema club … 2022/11/06 11:30
  • 『nutahachi』でございます。本作品は、警察と韓国ヤクザ、中国マフィアが繰り広げる三つどもえの抗争を描いたクライムドラマになります。2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒す強面の刑事だ。その強烈なキャラ... cinema club … 2022/11/04 11:30
  • 2009年のドイツ映画「ザ・ドア 交差する世界」。 自らの不倫中に娘を事故で亡くし、妻にも愛想を尽かされ全てを失った 画家のダヴィッド(マッツ・ミケルセン)。5年後、彼はある日自殺を試 みるが、そこで不思議な扉を発見する。扉を開けてトンネルを通ると、 そこは娘を失ったあの日につながっていた。信じら… 猫のひたい 2022/11/03 21:50
  •   2018年にメディアが異常なほどオーウェンを叩いた、「オーウェンの娘」事件。 この経緯が矛盾だらけで、ヴァルーニー(女の子の母親)の主張がまったく信用できないことは、↓こちらの記事にまとめています。   さて、今度は あの女の子の存在そのものに疑問を投げかけて行きますよ 。   この記事で分か… オーウェン・ウィルソン … 2022/11/03 16:45

投稿する場合はログインしてください