• ブロトピ

読書に関するこんな記事

2017/04/10 21:35
Kach
読んだ本のことや、読書という行為そのものについてのブログ記事を書いたら、ここで皆さんにお知らせしましょう!
みんな本読んでんのかー

サークルに参加すると投稿することができます

サークルに参加する
  • 人がいなくなった集落に憧れる現代にピッタリ 人が多く、混雑した都市部での労働や暮らしに疲れ果てている社会人にとっては、 人がいなくなった集落と聞くとかなり魅力的に感じられます。 自分がそこの地域の第一村人にでもなって、 誰にも邪魔されないで… 本と映画がある暮らし 2019/10/09 04:43
  • 『地獄めぐり』を読んで不真面目なことをアレコレ考察してみました。不真面目なんで、読んで怒っちゃやーよ… 勉強ほど楽しいものはない 2019/10/01 19:55
  • 日本には一般市民がその日常において頭に浮かんだどうでもいいことや仕事上のあれこれを自由なスタイルで随筆にしたためて公表するという素晴らしい伝統文化がある。つれづれなるままに書かれ、故ドナルド・キーンの英訳で世界的にも知られる吉田兼好の『徒然草』は、今風にいえばひま人の独り言、要するにある種のつぶやき… a Translator… 2019/09/27 22:45
  • 皆様こんにちは。ピースです。 千葉が先週の台風から続く停電で、大変なことになっていますね。 「電気のない生活」 … "令和元年6月1日~9月16日 読書ログレビューまとめ(実質2日分のみですがw)" の 続きを読む 「和の心」〜女性不信な土… 2019/09/16 19:50
  • 日本に住んでいた頃の僕は、高校生活の前半を過ごした関西エリアに行くときには当然のこととして関西弁で話すことになったが、神戸、西宮、大阪とで、多少言葉を使い分けていた。神戸でも阪神元町と阪急御影とでは使っている言葉が微妙に違うし、尼崎にも独自の土着的表現がある。関西では「そうやねん」と「せやねん」を場… a Translator… 2019/09/04 03:20
  • 僕は仕事上の批判を受けるのが嬉しい。それって、ついに僕の仕事にある程度人が注目してくれているということだから。多謝。I love criticism. It means someone is finally paying attention to my work. I am grateful for… a Translator… 2019/09/02 02:03
  • ネットの時代になって、僕の文章へのアプローチは大きく変わった。それまでは、僕は文を書いたらそれっきりで、印刷前に校正という意味で人に添削してもらうことはあっても、印刷されたあとに修正を加えたり、部分的に文を書き直すこともまずなかった。ところが、今のネットのメディアはこれまでの出版メディアと違って、一… a Translator… 2019/08/31 08:12
  • 3年に及ぶ職探しもしてみるもので、怪我の功名というか、この体験は僕にとっていずれ貴重なものとなるだろう。職を探し始めた当初は、僕も考えが相当に甘く、日本人の多いサンフランシスコ市なら、まぁ2ヶ月もあれば良い職、良い仕事にありつけるだろうと高を括っていた。しかしそうはうまくことが運ぶはずもなく、目当て… a Translator… 2019/08/31 01:32
  • 佐藤優さんの勉強法を「やってみよう」と思っても、難しすぎるという方、私も同じです!むやみやたらに挑戦する前に、急がば回れ!! 勉強ほど楽しいものはない 2019/08/27 18:19
  • 強いですね、おしりたんていシリーズ。新刊の「ラッキーキャットは だれの て に!」が出れば、たちまちベストセラーのトップ。今回も「ププッ」っと、事件を解決するのでしょう。幼児向けの、読み聞かせに適したシリーズなので、おならの音が「おしりたんてい」のトレードマーク。子どもたちに大受けするようです。 … ことばを食する 2019/08/27 17:46
  • 日本語も素敵だけど、英語にも面白い言葉や表現がたくさんある。例えば”circumnavigation”は世界一周旅行を意味するし、”defenestration”は窓から人を放り投げることを意味する。そして、”disestablishmentarianism”は18世紀頃のイギリスの政教分離主義のこ… a Translator… 2019/08/27 00:40
  • 球界のレジェンド野村克也さんの現役時代について、かなり詳細な本が手に入りました。ご本人の証言が微妙に変わる江夏ストッパー転向のシーンをこの本からご紹介します。ノムさんの現役時代を知るには中々いい本なので、もしご興味がある方は一読を。 勉強ほど楽しいものはない 2019/08/04 11:28
  • 今でも大好きな、『味いちもんめ』はなぜ、以降の続編よりも面白いか、考えてみました。 勉強ほど楽しいものはない 2019/07/29 18:57
  • 皆様こんにちは。ピースです。 6月になり、暑さ、そして梅雨が近づいているのを感じる気候になりましたね。 体調管 … "平成31年1月20日~令和元年5月31日 読書ログレビューまとめ" の 続きを読む 「和の心」〜女性不信な土… 2019/06/01 19:16
  • 本屋に行くと、必ず『読書術の本』があります。ニーズのない本がこれほど多く出版されるわけはない。みんな本を読むことに「これでいいのかな?」と迷っているんだと思います。最近ひねくれてきた私が、試行錯誤で考えた、「読書術の付き合い方」をあれこれ書いていこうと思います。 勉強ほど楽しいものはない 2019/05/17 14:45
  • 酒好き医師が教える 最高の飲み方 太らない、翌日に残らない、病気にならない 葉石かおり 読了。自分の中でなるほ … "「酒好き医師が教える 最高の飲み方 太らない、翌日に残らない、病気にならない」 葉石かおり 読了" の 続きを読む 気の向くままに 2019/04/11 21:48
  • <日本の国語教科書でお馴染みの方> 1.はじめに 2.魯迅の短編「兎と猫」と日本語のこと~ある呟きからの考察~ 3. 弟の周作人のこと 4.最後に 1.はじめに もう、2019年3月1日ですね。時が過ぎるのは、早いもので。さて、おととい2月27日の私のタイムラインには、少し気になるツイートが流れて… 仲見満月の研究室 2019/03/01 23:19
  • 1.はじめに 2.持って行く同人誌について~少し通販のことも~ 3.蒼月祭34の開催日時や会場のこと 4.最後に 1.はじめに お待たせしました!弊サークル「仲見研」は、来月の3月10日にある TYPE-MOON 作品関連のオンリーの同人イベントに出ます。お品書きやスペースの案内ができましたので、… 仲見満月の研究室 2019/02/25 04:48
  • 「王様のブランチ」 BOOK特集 で紹介された、「ビタミンF」で2000年に 直木賞 を受賞した 重松清 さんの最新作 『木曜日の子ども』 "木曜日の子ども"は、衝撃的な事件から始まる物語です。 木曜日の子ども [ 重松 清 ] #木曜日の子ども #重松清さん 王様のブランチで紹介されてた! 10… こういうものはどうですか 2019/02/16 12:39
  • 成功する人は、土曜の朝に早く起きる。 土曜の朝には、早起きしましょう。それだけで、あなたの週末は豊かになります … "「土曜の朝」と「日曜の夜」" の 続きを読む 「和の心」〜女性不信な土… 2019/02/16 08:16

投稿する場合はログインしてください