• ブロトピ

ブログを更新しました!

2017/08/19 12:57
zero
更新した方は、自分の記事を紹介していきましょう!

サークルに参加すると投稿することができます

サークルに参加する
  • この本はとても面白かったです。一般的な「派手な起業」ではなく、新しい「地味な起業」が提案されています。僕たちは、地味な起業で食っていく。 今の会社にいても、辞めても一生食いっぱぐれない最強の生存戦略 [ 田中 祐一 ]価格:1,540円(2019/11/9 16:24時点)あぁ、こういう考え方でも働… 会社員をしながら副収入G… 2019/11/12 08:00
  • 青幻舎の文庫版「北斎漫画」(全3巻)より、第3巻「奇想天外」の第3章「百鬼図会」を見了える。 先行する第2章「故事拾遺」は、今月6日の記事にアップした。 第3章「百鬼図会」は、166ページ~194ページの29ページに渉る。 冒頭は、題字がはっきりしない... 風の庫 2019/11/12 00:03
  • 才能ある作家が、束縛なく想像力を解き放った作品だと思います。「消滅世界」(村田沙耶香、河出書房新社)は、作家仲間から「クレイジー沙耶香」と呼ばれる村田さんの世界そのもの。誰にも似ていないし、真似もできません。ページをめくれば、読者を引き込む力も備えています。ただし単純に作品を楽しめるかとかというと… ことばを食する 2019/11/11 16:09
  • 福井県詩人懇話会・発行のアンソロジー「年刊 詩集ふくい 2019 第35集」を読み了える。 入手は、先の10月29日の記事、入手した2冊を紹介する(7)にアップした。 「同 2018」を読む、は昨年11月6日の記事にアップした。リンクより、過去号へ遡り得る。 こ... 風の庫 2019/11/11 00:03
  • 最近に入手した3冊の本を紹介する。 入手した本として、結社歌誌を除き、先の10月29日の記事、入手した2冊を紹介する(7)以来である。 永田和宏の回想記「歌に私は泣くだらう」。新潮社、2012年7月20日・刊。定価:1,300円+税。 ある読書会に新し... 風の庫 2019/11/10 00:03
  • 夜行列車というものをご存じでしょうか。ケンイチが子どものころ、自分が把握できる世界の縁より、さらに遠くへ行くためには夜行列車に乗りました。少なくとも一度は夜が明けなければ、別の世界へ行けなかったのです。思い返せばとても自然で、リアルな世界の在り方でした。 夜、ケンイチ一家が乗ったのは大阪に向かう夜… ことばを食する 2019/11/09 23:46
  • 先日の株主総会でBSとPLが読めなかったので、以前読んだ本を勉強し直して、改めて読んでみました。実例を踏まえるとアタマの入り方が良くて、面白いなぁ…と。 勉強ほど楽しいものはない 2019/11/08 10:08
  • 本阿弥書店の総合歌誌(綜合歌誌・改め)「歌壇」2019年11月号を、作品中心に読み了える。 到着は、先の10月22日の記事、届いた3冊を紹介する(6)で紹介した。 同・10月号の感想は、先の9月25日の記事にアップした。 11月号の短歌作品は読んだけ... 風の庫 2019/11/08 00:03
  • 事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件 怖いもの見たさで借りてみた本です。 章ごとの初めに短い漫画があり、読みやすくなっています。 事故物件には、狭義と広義の意味があります。 どちらにもあたりたくはないですよね。 極端に安い物件には、注意が必... 夢見る♡パート主婦 Me… 2019/11/07 20:50
  • はたして小説に「癒やし系」というジャンルがあるのかどうか分かりませんが、「ツバキ文具店」(小川糸、幻冬舎)はそんな1冊でした。いい作品には派手な道具立てやストーリー、大げさな悲劇も喜劇も必要ないということを伝えてくれる小説です。興奮した、刺激的、あるいは涙したではなくて、ただ「沁みた」が一番適切か… ことばを食する 2019/11/07 19:54
  • インディーズ作家・村杉奈緒子の中編小説「よみ人知らず」Kindle Unlimited版を、タブレットで読み了える。 同作品のダウンロードは、先の9月29日の記事、入手した5冊(4)にアップした。これでその5冊総てを読み了えた事になる。 僕は彼女の「片恋未満」Kindle U... 風の庫 2019/11/07 00:03
  • 書籍の取次大手、トーハンが2019年10月期のベストセラーを発表しました。1位と3位が「鬼滅の刃」シリーズと、今月は圧倒的な強さです。2位に食い込んだのが、伊集院静さんの「大人の流儀」シリーズ9冊目。これもシリーズ累計200万部に迫る、息の長いエッセイです。 6位に又吉直樹さんの「人間」。又吉さん… ことばを食する 2019/11/06 19:05
  • 冒険と刺激に満ちた別の世界で生きたいと願ったり。ここではないどこかに“真のオレ”がいるに違いないと思ったり。 そんな夢想にふけってた青少年のころから、何十年も経った現在。 オッサンになってしまった自分は、別の世界とか... 天竺堂の本棚 2019/11/06 13:32
  • 精油と植物油・バターの図鑑です。植物の詳細だけでなく、アロマテラピー検定についても記載があります。最新4訂版 アロマテラピー図鑑 [ 佐々木薫 ]価格:1,650円(2019/11/4 12:30時点)香りを味方につけて、日々のストレスに対応していきたいですね! 会社員をしながら副収入G… 2019/11/06 08:00
  • 青幻舎の文庫版「北斎漫画」(全3巻)の第3巻「奇想天外」より、第2章「故事拾遺」を見了える。 先行する第1章「狂態百出」は、先の10月23日の記事にアップした。リンクより、過去記事へ遡り得る。 「故事拾遺」は、94ページ~164ページの、71ページに渉... 風の庫 2019/11/06 00:03
  • 宮口幸治さんの『ケーキの切れない非行少年』を読みました。ベストセラーになっているとのことでしたが、コレからも幅広く読まれて欲しいと思っています。 勉強ほど楽しいものはない 2019/11/05 12:34
  • 京都国立博物館で俵屋宗達を研究する望月彩のもとへ、アポ無しでマカオ博物館の研究員が面会を求めてきました。要請を受けてマカオを訪ねた彩は、古い教会跡から発掘された1枚の油絵と日本語の古文書の束を見せられます。 油絵に描かれているのはギリシャ神のユピテル、アイオロス(風神、雷神)。分厚い古文書には天正… ことばを食する 2019/11/05 00:58
  • 思潮社・現代詩文庫242「続続 荒川洋治詩集」より、「詩集<北山十八間戸>全篇」を読み了える。 先行する、「詩集<実視連星>から」を読む、は先の10月20日に記事アップした。 実は僕は、詩集「北山十八間戸」が鮎川信夫賞を受賞した時、書店より取り寄せて読... 風の庫 2019/11/05 00:03
  • マンション管理員Meg★です。 最近も、どんどんマンション関係の本を読んでいます。 ◆中古マンション購入のススメ◆ 小島紀昭 20 年以上にわたり都心で不動産の営業として、賃貸・購入を問わず 数え切れないほどのお客様に住まいを紹介して来られた著者が書かれて いる... 夢見る♡パート主婦 Me… 2019/11/04 20:49
  • 年金はすでに破綻しているようなもの。そこで数年前から現役世代にゴリ押しされているのが個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)です。iDeCoの仕組みやメリットを、少ないページ数でとても簡単に分かりやすく解説されている本がこちらです。図解ポケット はじめてのiDeCo [ 宮崎哲也 ]価格:935円(… 会社員をしながら副収入G… 2019/11/04 09:48

投稿する場合はログインしてください